重機

地震に耐える家にしたいなら地質調査が必須

経済的な井戸掘りの方法

ウォーター

家庭用などの小規模な井戸工事には、エアーハンマー工法がよく使われます。この工法は、工程が合理的ですから、工期が短いことや工事費が安いこと、狭い土地でも工事ができる等の利点があります。また、井戸工事を行なうにも、様々な流れがあるため、きちんと流れを把握しておくとよいでしょう。

詳しく見る

安全な家のための調査

作業員

地質調査とは、その土地の地質の状態を詳しく調査する特殊工事のことを言います。地質の硬さや水脈の有無などあらゆる面から調査してもらうことができるため、新たに家を建てる際に役に立ちます。地質調査によって地盤が脆弱で振動に弱い土地だということが判明した場合は、土台工事を強くすることで頑丈な家を建てることができます。もし地質調査をしなかった場合、対策の立てようがないため危険度が高くなってしまうのです。地質調査は、安全な住環境を得るために欠かせない大事な検査です。住宅メーカーによっては家を建てる前に地質調査を義務付けている所もありますが、もっと入念に行いたい場合には地質調査専門業者に依頼するという方法もあります。

近年、各地で地震や台風など想定外の自然災害に見舞われる事態が頻発しています。それに伴って備えあれば憂いなしという考え方が広まり、家を建てる前に専門業者に地質調査を依頼する人が増えているのです。水脈が近い場合には、地震の際に液状化現象が発生しやすくなります。また、土台そのものが地盤にしっかり固定されていないと弱い地震でも家が破損しやすくなってしまうのです。地盤の性質によって適した建築技術が開発されているため、地質が悪いからと言って悲観する必要はありません。地質調査の結果に基づいて建築家に設計を依頼することで、安全性の高い頑丈な家を建ててもらうことが可能です。地質調査のメリットが広まるにつれて、今後益々需要が増えることが予想されています。

地盤を知るということ

工事

建物を建てるときは、その建物の傾斜や破損のリスクを減らすために地盤調査するのが一般的です。そのためには業者を選ぶ必要がありますが、データを解析するためにも専門的な業者に依頼するのが良いと言われています。

詳しく見る

家計の負担を減らせます

水

井戸掘りは家計の負担を減らすことができます。電動ポンプでは電気代がかかるものの水道代と併せて考えると安上がりで、また地下水は温度が一定であるため光熱費も削減できます。また、家電の購入費も軽減することができます。

詳しく見る