経済的な井戸掘りの方法|地震に耐える家にしたいなら地質調査が必須|住み良さにズームイン
男性

地震に耐える家にしたいなら地質調査が必須|住み良さにズームイン

経済的な井戸掘りの方法

ウォーター

工期が短くて安い方法

井戸工事には、何種類かの工法がありますが、家庭用の小規模な井戸を掘るのでしたらエアーハンマー工法がおすすめです。この工法は、掘削ビットと呼ばれる井戸を掘るための先端部分に圧縮空気を送って上下運動をさせます。そして、その時の運動エネルギーによって地下の土を掘って(掘削して)いきます。この工法は、掘削と同時にケーシング管というパイプを打ち込みますので、合理的なやり方だといえます。このエアーハンマー工法による井戸工事の特徴は、工期が比較的短いこと、工事費用が安いこと、狭い場所でも工事が可能なことです。なお、井戸工事をする前に掘削場所の調査と井戸の設計が行われます。そして、工事に入りますが、おおよその流れは次のようになります。

工事の流れ

エアーハンマー工法による井戸工事の流れは、まず掘削する土地に工事機械を設置します。そして、掘削しますが、エアーハンマー工法では上記のようにケーシング管も一緒に打ち込んでいきます。帯水層(地下水のあるところ)まで掘削しましたら、仕上げ作業にはいります。これは、掘削時に出る濁り水や不純物を排出して、ケーシング管に地下水を通します。仕上げ作業が終わりますと揚水試験です。これは、水中ポンプで地下水を汲み取って、井戸がどれだけの水を汲み取れるかや帯水層の性質を調査します。次に水質検査をして安全性を確認します。そして、工事機械を片付けて掘削関係は完了です。この後は、地下水を汲み取るための揚水設備の工事をして井戸工事の完成です。